« ティソ力のロックLeLocleシリーズの自動巻き腕時計の紹介Mendio腕時計がどうですか、モンデオのブランドは紹介します »

シチズンのつやがある運動エネルギーの腕時計

“つやがある運動エネルギーの腕時計”は内蔵して光のエネルギーを変えて電気エネルギーのシステムの腕時計になるのです。

廃止する必要はない電池を使ったため、有限な地球の資源を節約して、汚染を減らすことができて、本当にのエコ商品です。

96年に腕時計の業界を得リシャールミルコピーて1つ目は“エコ商品が表す”のが認定します。

“駆動の腕時計を使い果たす”を実現しただけではなくて、その上、充電池ももう水銀、カドミウムなどの有害金属を使いありません。

かつ、製品の材料の製造もフッ素などのその他の有害物質を使いを免れて、各種の厳格に標準的なのを通して認定します


  *“つやがある運動エネルギーの腕時計”は利用はが発電して運行のシチズンの腕時計の総称に駆動するのです。その造型設計の変化が豊富で、必ず1モデルがあなたに適合するのがあります。

それが機械式ウォッチ、クォーツ・ウォッチを継いだのになった後の第3世代の腕時計=“利用の光のエネルギーの発電の腕時計”は21世紀の潮流を代表しているので、世人が注目する腕時計を受けます。

つやがある運動エネルギーの腕時計のは世界の各国を得たのを出して、特に“環境保護先進国”のヨーロッパの各国の大きな力と称させられて支持します。

をエネルギーにして、地球の環境のの“つやがある運動エネルギーの腕時計”を保護するのに力を尽くしてすでに新世代の腕時計の代表になりました。