« 1万元のの“黒い科学技術”の腕時計のこの米度のかじ取りに着かないのは少し湿っています水は濁っていて、ようやく魚を触ることができます »

他のが見つかりをすこし試みて腕時計の新しい楽しみを愛玩します

スイスを言い出しますと、耳辺はまるで時計の音を耳にすることができてかたかた、まるで雪山のあのいっしょにいっしょにのスキー者の残す痕跡まで(に)触れることができます……

ここで毎年3月にでも人に期待させるバーゼル国際時計展を催して、続いている5年3月~5月、SIHHとバーゼルから共同展覧会。毎年催しですが、毎年でも同じではない意外な喜びを持っていてあれらにあげるのが現れて時計の人が好きで、この大概を信じるのは時計界の魅力があるだったでしょう。

最も話題にしたのが値レプリカ時計して、”幸福と金銭のヒップホップ“共同で人口の中国とアジア区の唯一のバーゼル国際時計の真珠や宝石展2019の政府のイメージ大使にご就任になるに向ってを創始します。わあ詰め込んで、やはり私達の時計界の男性の神です。