« ロレックスの腕時計のねじは時計の構造と機能を掛けますティソクォーツはどうやって時間と日付を調整しますか? »

ティソの機械時計はどうやって弦を巻きますか?

ティソの機械表の動力源は腕時計のぜんまいで、普通は機械表にぜんまいを巻いて36時間作動します。動力が足りないと腕時計が止まってしまいます。ティソの時計はどうやって弦を上りますか?腕時計の家から教えてもらいます。

初めて使用する場合は、グリップを20~30回回して、ねじを最初に巻くようにしてください。ティソの機械表は人体を通して弦を振っていますが、今は生活があまり動かないので、よく歩かないなら手動で弦を巻くほうがいいです。また、止まったティソの腕時計や新しく手に入れたティソの腕時計にウブロコピー対しては、巻く前に必ず手動で25-35弦を上げて、バネをフルの状態にしてから使うと安定します。自動腕時計なので、バネボックスはあります。保護措置は、上弦に移行して弦が切れる恐れがあります。自動ティソの腕時計に弦を通して、最後まで来ない場合は、普通25-35で大丈夫です。

自動機械表は、運動量が足りたら、できるだけ手でばねを巻くのを控えるように主張しています。手でばねを回すと、たくさんの自動輪を動かして一緒に回す必要があります。自動部品は消耗しやすく、お客様に必要でないメンテナンス費用を増加させます。

手動の機械表は通常、時計の冠を回して、表の中のバネを締めます。バネシステムは運動エネルギーを出して、腕時計の時間計測機能を駆動します。これらの過程はすべて機械原理と構造によって完成されます。