« 四種類のロンジンの極速系のリストを紹介します。沛納海黒のテーマリスト紹介 »

ゲーラソティSenatoDiary腕時計の紹介

ゲーラのスーティは有名なトップクラスのドイツ系時計工場の一つで、ドラストン地区の表伝統を尊重して、「白馬非馬」を採用しているドイツの銀はその一つで、4分の3の橋板を使うのが好きです。みんなが知っている「ムーブメントを2回組み立てる」はその3つです。他にもドイツ系の表ならではのものがたくさんあります。マーク項目は、産地ブライトリングコピー表示や原料取得のように独自の特色があります。2011年に登場したこのSenatoDiaryはドイツ系だけではなく、世界初の機能もあり、鳴動時間は31日間という設定が可能です。

きちょうめんなドイツ系の名表

SenatoDiaryは内側から外に行くのが正真正銘のトップドイツの時計で、製造と組み立てに使われる工法は全部ドイツの古法に従っています。組み立てが容易ではないが、安定性の高い四分の三の橋板を使うのが好きです。正式に組み立て及び最後に磨きをかける前に先に組み立てなければなりません。機の板と橋の板はドイツの銀を使って、読者がいるかもしれません。ドイツ銀という言葉に混淆されていますが、実はニッケル銀合金で、主体は銅で、俗称の白銅です。その中には含まれていません。スイスのムーブメントの愛用する黄銅に比べて、白銅はニッケルを含むため硬度が高く、融点が高いので、製作は比較的容易ではないです。また、白銅は製作後は酸化しにくく、外観も黄銅より喜ばれます。この材料を選んだ理由。