« 男は経典を踏んで、潮流の道を歩きます世界トップクラスのジュエリーブランドティファニー »

年間晒し表(2)腕時計を買った人がいます

第一期の晒し表の読者はすでに続々と年度の贈り物を受け取って、多くの人がまだ首を長くしていることを信じて、そこで今日みんなを満たします。

今期は「時計を買ったらおかわりのように」というものを見せてください。少なくとも公印を作っているこの数年間、時計一つだけ買えば手が止まるウサギの粉を見たことがありません。

表に入ると海のように深いということは、その財布は通行人です。

時計を買ってもまばたきしないピット友たち。

アルファベット:衝動型選手

初代のベテランウサギの粉として、アルファベットは絶対にピットに持ち込まれたものです。今は彼に勧めています。「今年はもうやめて、来年また買います。」

もちろん、来年もあまりないです。

双宝パーの表主(6654と五十_)として、Alphaleeは今年3つを入手しました。一番目のロレックスの日誌型は彼が暑い日にオフィスに座っていて、飢渇に耐えられなくなりました。二つ目のオメガは販売のお姉さんととても仲がいいと言われています。第三ブロックの江詩丹顿は、心の中でずっとマニュアル三針の時計がほしいからです。特に儀式感があります。またVCの背に毒が入って、手に入れたら順調に章を作ります。