« 2019 Bopp Blancpainは中国北京に新たに登録しました探検に勇敢なロミオこそ、一番セクシーな物語です »

タイムスタンプを記録して、自然の美を感じます

自然を画筆で表現し,技巧によって主観を表現する。2019年8月10-16日、霧霊画社によって主催され、有名な腕時計ブランド西鉄城の冠名助成の「主客観」2019西鉄城現代芸術展は、北京798芸術区第零空間で開催され、主観と客観性の相互インタリーブを通じて、自然の参差多態と多姿多彩を表現しています。

2019「主客観」西鉄城現代芸術展が開幕

芸術品は凝固した時間の記憶で、自然と人文環境を記録しています。百年来、“時と光”に対する絶えない探求は西鉄城に光運動エネルギー、衛星対時、超チタンTMなどの核心技術を創造させました。光運動エネルギーはあらゆる可視光源を吸収して運動エネルギーに変えて腕時計を動かし、頻繁に電池を交換する必要がない。装着者に便利さをもたらすだけでなく、環境保護理念を公衆にもたらし、人類の生態環境を推進し、維持する。

住川竜夫は芸術家と写真を撮りました。

西鉄城(中国)時計有限公司の理事長で総経理の住川竜夫さんは開会式であいさつしました。私達は自然に関心を持って、自然の美しさを探求することに力を尽くします。環境に関心を持って、人と環境の関係にもっと関心を持ちます。Better Starts Nowの理念に従って、技術的に優れているだけでなく、西鉄城でより多くの技術と美の融合をもたらしてくれる腕時計作品に現れています。」展覧会と一緒に展示されている西鉄城の光運動エネルギーのハイエンド腕時計もあります。環境にやさしい光エネルギーの核心技術と美しい外観デザインを融合させて、技術と美の楽しみをもたらします。