« このように腕時計をはめる覇道の総裁、まったくこの劇の精髄です私のスタイルはクールでエッジがないほどの個性的な腕時計がオススメです »

素晴らしい芸術体験三種のトタン腕時計がオススメです

当初は懐中時計のために開発されましたが、1801年にアブラハム・ルイ・珠玉が陀飛輪を発明して以来、陀飛輪は珍しく、独特の複雑な機能を持っています。今の陀飛輪はその精美な芸術感を利用しています。例えもうそれほど効果がないとしても、陀飛輪が持ってきた精緻な美感は相変わらず表友たちに愛されています。今日は腕時計の家で三種の陀飛輪腕時計を紹介して、一緒にそのデザインの美感を紹介します。

この腕時計の文字盤は砂金ガラスの材質で作られています。砂金ガラスには天然に銅の材質が含まれています。ぎらりと光る文字盤は夜の空のように星が点々と輝いています。バラゴールドのケースには、細長いダイヤモンドと「星の光」がはめ込まれていて、バラの金秒針の先端の三日月が、まるで星空の下の曲がった月のように、柔らかな光を放っています。時計盤の六時の位置で、30秒陀の飛ぶ車輪は急速になめらかに運行して、30秒の陀の飛輪は世界が初めて作ったので、それは地心の引力の影響に対して二倍の補償を行って、同時にムーブメントのスピードの安定性を高めました。PF 500は手動上弦のムーブメントに直列に取り付けられたダブルバネケースを備えています。168時間以上の動力が得られます。ムーブメント板橋は手動で面取り処理した後、感嘆させられます。