« 美度ベルンサリーシリーズ「SMILE」レディース腕時計中古腕時計の譲渡はどのように価格を決めますか?中古腕時計の譲渡にはどのような流れがありますか? »

ジュエリー(水晶)のメンテナンス方法

水晶の置物の多くはきらきらと透明で、玲瓏の装飾が施されており、現代の生活を飾り、生活の品位を高めるファッションアイテムです。生活の中の水晶の置物はどこにでもあります。ますます多くの人々の新たな害になります。ここにはいくつかの水晶の保存方法があります。参考にしてください。水晶性は脆いので、重圧、落下防止、高温防止、強アルカリ、強酸防止に注意してください。水晶を動かす時は、柔らかい綿製の手袋をはめて、手の油汚れを避けたほうがいいです。水晶のものを持ち上げる時、水晶の置物の上部や外皮の部分をつかんではいけません。水晶の土台や体全体をしっかりつかんでください。水晶の所蔵品にほこりがあることを発見しました。羽のブラシを使わないでください。柔らかくて綿毛を含まない布地でほこりを払います。水晶を磨かないように、強く拭いてください。

水晶の杯は透き通った透明性を保つために、常に洗浄しなければなりません。洗濯する時、いきなり高温または低温の水に浸さないでください。洗濯した平底水晶カップを重ねないでください。圧力を受けて破裂しないようにしてください。水晶の杯を洗う時、機械で洗うことができなくて、きれいな布で拭くこともできなくて、手で洗うのは最も良い方法です。杯の足の柄をつかんで乾かしたり、洗ったりしないように注意してください。柱が力を入れて折れやすいからです。

長い水晶の生け花の瓶を使って、内壁はいつも一層の醜い水垢を付け加えて、水晶の器の美観に影響します。この時は酸性の酢水混合液で洗浄すれば、水垢が効果的に取れます。したがって、水晶をきれいにするときは、塩水(海塩、精塩)に24時間浸漬して、きれいな水で洗い、きれいな綿布で拭いてもいいです。また、水晶を海水に40分間浸漬してもいいです。体積が小さい人は紫晶洞に入れてもいいです。浄化、消磁などの機能があります。水晶の燭台のワックスを取り除きたいなら、ぬるま湯で3分間浸して、お湯を使わないでください。それから爪楊枝で丁寧にワックスを取り除き、温水で洗い流します。最後は軽くて柔らかい布で拭いてください。

油のしみや手の跡が水晶の器に残っている時は、ぬるい石鹸水で洗って、水できれいに洗い流します。お湯や清洁済の中での洗濯を繰り返さないようにします。カットした水晶の置物があります。カットした部分は歯ブラシで軽く洗います。落ちにくい汚れがあれば、レモンを切って塩を塗って軽く洗います。塩を加えた酢を何滴か使ってもいいです。