« ロマンチックな星月とアルプスの3つの峰を除いて、宝を愛する時は見ものがなくなりましたか?どのブランドの腕時計が時間通りですか? »

中古時計の色の等級はどう分けられますか?古い時計の色はいったい重いのか?

中古表の中古表の定義

多くの人が中古の時計に対して理解しているのは、腕時計が購入されて使用された後、新しい表の市場価格より低い価格で下家に転送されます。このような認識は中古表の二つのキー属性を与えています。一つは購入して使ったことがあります。もう一つは低い価格で転売します。実際の中古時計市場は特別なところがあります。このような伝統的な認識とは違います。

実際には、中古表市場での中古表の一般的な定義は、取引ルートで2回目または2回以上の取引が可能な腕時計です。ここでは、中古表の属性は取引回数が二回以上であることを強調しています。行内のこの定義は一般的に認識されているものと違い、一度は安いかどうか、二度は使ったことがありますか?中古表取引市場では、多くの時計の流通価格がその市場価格(つまりブランド側の価格)より高いです。例えば、ロレックスの緑水鬼116610-LV、バダレ・オウム5711/5712などです。また、中古表市場でも何度も取引が行われていますが、腕時計がまだ使われていない商品があります。

中古の表を言い終わったら、また「中古表」について話しましょう。中古時計の概念は日本に由来しています。20世紀の20~70年代の間に生産された世界各地の有名な機械時計を指しています。腕時計と懐中時計を含めて、時計のコレクション価値を強調しています。しかし、「中古」の二文字の最も本質的な意味をさかのぼると、日本語の「中古」という意味になります。そのため、中古時計の販売者は「中古表」の特殊な意味と価値を、普通の中古表にうまく広げています。