« 前衛職場人の見えることができる魅力30メートルの防水が直接水洗いするのが良いですか?ふだん細部に保養して何に注意するのが必要です »

間金が最後まで表すのは買いに値しないにの値しますか?

みんなが注意したことがありを知らないで、すべて同一だ時計の上でと同時に鋼材貴金属に参加することが好きなと多くのブランドがあって、“両色調”の効果を形成して、私達は通常金が表しと称します。下図のチュードルの青玉の湾は1つの典型的な例です。


このようなについてモデルを表して、友達達を表してずっと素晴らしく弾がありがあって、称賛者はそれがよく正装運動2種類の風格に解け合ったとおよび、思います;反対者はこのような方法がどっちつかずだと思います。


通常言って、間金が表すのはすべて鋼材その上黄金のから構成するので、たとえばオメガのセイウチの時間単位の計算は時計が同時にチタン金属と黄金を使ったのを積み重ねます。当然で、広義の上から、間金の表す範囲はとても大きくて、愛彼皇室に似ているゴムの木黄金とタンタルの組合せを出したことがあります。貴金属のコストがわりに高いため、そのためこのような両の色調の腕時計は普通はすべてハイエンドの贅沢なブランドに出ます。しかし、いくつかは親民の商標に比べても“上手く立ち回る”ができます:彼らは同様に金をして表して、ただ金めっき+鋼材の形式を採用するだけで、みんなは買う時この点を下へ注意しなければなりません。


前世紀の90年代間金の表す全盛時期、それぞれ大きいブランドは次から次へと似ているデザインを出します。今日まで熱はある程度下がりますが、しかし依然として腕時計の市場の中で1本の見くびってはいけない力です。