« 各界のセレブ、ハリウッドのスターがトップクラスのショーに登場します香港ジュエリー時計展の回顧 »

スイスバーゼルの時計の世界

スイスバーゼルの時計の世界

腕時計や宝石愛好家なら、スイスのバーゼルにある都市にぜひ行ってみてください。バーゼルには毎年二つの盛事があります。一つはファスナツカーニバルで、もう一つはトップクラスの世界腕時計ジュエリーショーです。バーゼル世界展覧会です。バーゼルで時計関連の展示が行われたのは、1917年のスイスバーゼル工業展の時計ジュエリーコーナーにさかのぼります。その後発展を続け、1972年に第1回ヨーロッパ時計展が開催されました。1973年には、第1回ヨーロッパ時計ジュエリー展が開催されました。1995年にますます多くの海外出展者が参加するにつれて、正式にヨーロッパ展覧会から世界展示会に名称を変えました。今まで、バーゼルは30年以上の貿易展示の歴史を持っています。

今年の展覧会は44の国から2186の出展団体があり、参加者は9万人近くに達しました。バーゼルはスイスの第二の都市ですが、人口も十数万人しかいません。平日の静かな町は展覧会の一週間で大騒ぎになります。市内のホテルは満室です。相当の一部の観衆と出展者はチューリッヒか国境を越えてドイツかフランスに泊まるしかないです。時計はこのように方寸の間に、ごたごたしている世界を凝縮しています。これは贅沢品の王国で、至るところ機械の精確な気質、金属の凝縮の光芒、宝石のきらめく貴気に充満しています。この浮世の中で、設計者、製造者、経営者、佩帯者にかかわらず、その中で無上の栄光を体験しました。