« パテック・フィリップの6002―001スーパー複雑な機能の男性はおすすめを表しますハミルトンの腕時計の幸運な誤差はどのように発生したのです »

オメガの機械的な時計は石英の時計の違いとどこにあります

  オメガは国際有名な表を作成する企業とブランドです。ルイ士・急にランドのから1848年に作りに始まって、オメガは表を作成する歴史の上の輝かしい業績を示して、同世代をばかにして、とても精致です。オメガはその先進表を作成する技術で、表を作成する業の前衛になって1百50年長期に達します。国内で、オメガの腕時計はたいへん広大な時計の友達に歓迎させられます。オメガの製品が石英の時計から機械まで(に)表して皆製造があって、それではオメガの機械的な時計は石英の時計の違いとどこにありますか?


オメガの機械的な時計は石英の時計の違いとどこにあります


  簡単なののは、石英の時計の長所は比較的比較的時間通りな(毎年の誤差10秒以内)で、サイズと厚さはとても小さいことができて、やり遂げるのがとても流行することができて、価格がわりに低くて、比較的流行する若い人に適合します;欠点の時に定期的に電池(半年~一両年)を替えるのが必要ですと言います、


  機械が表してどのくらいでも誤差(毎日いくつの秒が20、30秒まで待たない)があって、サイズは比較的わりに大きくて、厚さは比較的厚くて、定時に時計(良い時計が毎日できるのをつけて運動エネルギーを提供する)に行かなければならなくて、価格は(比較的比較的高い世界の比較的有名な名の時計は機械でまだ多数を占めて)、比較的昔を懐かしむ人に適合するのを表すのですも。


  オメガはハイエンドの腕時計のブランドとして、その機械の表す価値がもっと大きくて、もしも買います。腕時計の家はやはり(それとも)オメガの機械に表すように推薦します!