« 「軍用」出身の腕時計は5万ぐらいがオススメです江詩丹トンは全部四桁ですか?江詩丹トンの価格はどこに行きますか? »

最强の日本表はロレックスと比べられますか?

セイコーGSはセイコーのハイエンドの時計で、理論的にはロレックス、オメガと同じレベルのスイス製の時計と同じ位置にあります。セイコーGSの「対抗目標」はスイスの名表であるため、セイコーGSの性能と仕事は非常に強く、セイコーはGSに「日本刀」の技術を使ったと称しています。数年前には、精工GSは国内でとても人気があって、GSを炒めて、精工GSは二級市場の中の市況はいっしょに上昇して、1匹の中古GSの相場はその年甚だしきに至ってはロレックス、カルティエ、沛納海のこれらのずっと人気がある腕時計に追いつくことができます。その後GSの熱は反落して、この2年は正常な市況に回復して、しかし否定することができないのは、精工GS自身の素質はとても高いです。


海外のプレイヤーは精工GSの中の「最強」のモデルを分解しました。高周波のセイコーGSは、この腕時計は高周波の9 S 85 Aのムーブメントを使って、36000回の周波数を上げています。このムーブメントには、セイコーの最新技術が使われています。走時基準はスイス天文台-4/+6を超えています。セイコーGSの基準は-3/+5です。これを利用してGSが「仮想敵」のロレックスのレベルに達するかどうかを見てみます。