« スウィッチの腕時計とカシオとどちらがいいですか?天文台認証機械表天文台認証腕時計 »

自動機械時計が動かなくなりました。どうすればいいですか?

自動機械の時計が動かなくなったらどうしますか?機械の時計が動かない理由はたくさんあります。例えば、衝突、ムーブメントの歯車が間違っていたり、腕時計が磁気を受けていたり、長い間放置しています。

自動機械時計が動かなくなりました。どうすればいいですか?機械表は通常次の2種類に分けられます。手動でチェーンをつけて、自動でチェーンをつけて時計を作ります。腕時計は腕によるものです。腕時計が突然止まったら、動力不足を考えなければなりません。腕時計は毎日同じ時間に一度時計を巻くようにしてください。今後24時間で十分なエネルギーを持って動作します。

自動巻き時計の原理は自動陀が任意の方向に回転してもねじを締める自動巻き機構の作用で運行します。普通は全自動腕時計は毎日8時間以上かけてこそ、ぜんまいの量を補うことができますが、絶対ではありません。長期間着用しない、または着用後の運動量が足りないと、機械表が動かなくなります。このような場合は手巻きで解決できます。40時間以上装着していない自動巻き時計は、再び装着する時に、テーブルの冠を20回転させて、ムーブメントの駆動システムを再起動させるべきです。

機械の時計が動かない原因は運動能力が足りないからではなくて、機械の時計が故障したからです。専門の修理員に修理してもらいます。機械の表を自分で分解しないように注意してください。

手動でも自動でもチェーンウォッチでも、原理はマシンギアとバネの駆動によって動いています。回転によって磨耗が発生しかねないので、長く使用しています。