« 万国ポルノ計を買いたいワールドカップの冷たい扉が破裂して、幸いに「円月が刀」になるのは依然として鋭い »

名表からなる条件

多くの製表のブランドの中で本当の十大名表を列挙するのは可能ですか?客観性については、実はあまり不可能ではありませんが、主観的に言えば、名表は確かにいくつかの条件を通して定義されています。

数年前、高級製表基金(FHH)は高級製表白書を発表し、現在の時計業界のブランドをそれぞれの定義で4つの種類を定義した:歴史世家、現代ブランド、華奢なブランド、独立手製の製表のブランド、そして世界の異なる領域の人がすべての製表のブランドに対して評価して、最終的なリストのリストは70ブランドを超えた。この白書はなるべく客観的に「高級製表」を定義するようにしても、実はいくつかのレベルでは客観的ではない。誰もが腕時計を鑑賞する時、いくつかの労働法、いくつかの細部によって知られていない個人の感情によって、製品に対して異なった感受性を生み、心の中で価値を定めます。つまり、高級製表や名表は常に客観性がないので、消費面に落ちてみると、この分野と製品そのものが盲目的に信じているという十大名表よりも重要だということです。

制表の世界は広くて深くて、数百年の歴史の発展だけではなく、技術の材質、知識工芸および人文の探求を含んで、ただこの分野の各方面に深く理解して、いわゆる高級製表を鑑賞して理解することができて、そして自分の心の中の名表を確立することができます。つまり、制表産業を知るいくつかのレベルは、名表が備えるべき条件を定義することで、鑑別名表の構成条件をいくつか提供することが参考になるということです。