« 芸術が融合した冬の狂想魂が夢を開く本当に私はバーマギニアのクリスマスに対して大いに敬意を表します »

ジュネーヴ国際高級時計展新作プレビュー

伯爵は、2019年にジュネーヴの高級時計展(SHH)をプレビューした3つの新しいアルティプラノ腕時計が、伯爵のシンボル的なデザインに溶け込んでいる。超薄型の製法、非凡宝石を象眼して、隕石の材質に延びた硬質宝石を使って、この3つの腕時計の点眼として、2019年にジュネーヴの高級時計展に登場する。

大地の心から銀河のもとへ

宝石の象眼は伯爵の極めて優れた工芸である。ジュエリーやジュエリーにも精通した伝統の時計職人の一人として、伯爵は卓越した象眼技術を通して、貴重な宝石を非凡な製表の技術に溶け込み、独特の作風を立てた精緻な作品を作ります。これらの美しい宝石は高温高圧の環境の中で次第に成形され、地殻の奥から採掘して輝き、伯爵の腕時計の倍に輝いている。

伯爵SH新作プレビューのおすすめ作は、40ミリのバラ金アルデニノ隕石腕時計(G 0 A 440)である。表盤は灰色の隕石を採用して、時、表示されたデザインはシンプルで、日付の窓は3時の位置に設けられ、伯爵の極致な腕時計は優雅で、味わいがない精髄を体現している。隕石の表板の表面の独特のテクスチャは有名なエンドマン模様で、ニッケル鉄隕石にあるニッケル鉄の結晶構造で、この隕石の歴史が最も早く、太陽系の形成した初の天体大爆発に遡ると推測される。ダイヤモンドは世界の結晶の刻印を記録したように、隕石も天の川の誕生の歴史を刻んでいる。36と41ミリのスタイルで強調した対照的な美学があり、アルティプラノ40ミリメートルのバラの金表輪と針と灰色の隕石の表盤を組み合わせて、隕石の微妙な質感を生かした腕時計は300枚限定で発行されている。