« PVDメッキカキ式表 »

胡麻の鎖

胡麻チェーンの誕生


冶金技術が発達していない二百数年前の古代ヨーロッパでは、時計を作るための発条が条件に制限されているのか、簡単な普通鋼製の発条がある。この発条は、鉄条をくずめた後に焼かれたもので、表面はさびを防ぐために、青錆処理をしていたので、青鋼の発条を呼んだ。早期の発条は、私たちの今の松がS形になっているのではなく、簡単に蚊取り線香のような形をしているようではなく、発条をしっかりと中心に引き締めます。実はスプリングのように、運動の方向を変えただけです。私達はスプリングを遊んだことがあります私たちもそれにエネルギーのバネを注入してエネルギーを吸収することができて、バネはリラックスしてエネルギーを釈放するので、この過程はエネルギーの直線の衰弱を解放する過程です。このような直線的なエネルギーの放出は非常に不均一である。だから、初期の懐中表の鎖頭の歩く時とチェーンの尾の歩く時の違いはとても大きくて、これはタイマーの歩き方に対してそれは間違いなく硬傷です。もちろんこれは、師たちの難題に困っていたのですが、宝玉師はこの問題を解決する方法を見つけて、宝塔形の調整装置を発明しました。発条の上で満弦の時に牽引するのが宝塔の最上端で、最小のあの塔の輪を牽動して、発条ブロックがエネルギーを解放し終わった時に牽引するのは宝塔の構造の最も下端であるのも最大のその塔の輪で、伝動比と力に比べて、そのために発条エネルギーの安定した出力を実現します。このように車輪はもっと安定していくことができて、時間ももっと正確になって、この発明は間違いなく時代にまたがっています。