« 帝舵表マークロレックスチェリニシリーズCerini Time »

全自動機械表は何の意味ですか?

全自動機械腕時計の内部ココア部品は機械の部品で構成されており、発条を動力とする飾り輪の糸式時計である。機械の腕時計はコアと外観の部品で構成されています。機軸は、伝動系、原動系、上条ダイヤル系、縦横調速系、針系、機軸の部品は、板挟みでネジでそれらを組み合わせています。外観部品は、表殻、表盤、針、バンドなどの部品から構成されます。

自動腕時計は構造型が多いが、仕事の原理はほぼ同じである。自動上のデバイスはコアの後ろにインストールされ、後ろのカバーを開くことができます。自動スイスの時計の機軸は普通は比較的に厚い。車輪構造の自動表は自動ハンマー(重槌)、換向輪、自動伝動輪、自動頭輪などからなる。オートハンマー用ボルトは中心の自動ハンマー軸に固定されます。外力の作用の下で、それは中心の回転をめぐって、換向輪を動かして、車輪の歯に換えてまた自動伝動輪を回転させて、自動伝動輪は自動頭輪を押して、自動頭輪は大鋼の車輪と噛み合わせて、大きい鋼輪の1つの歯の歯の1つの歯の1つの歯を回転させて上を向いています。全自動表は自動陀がいずれかの方向に回転することができます。単向き交換装置、双方向換向装置またはラウンテンチェイス装置。今は全自動腕時計で多いです。ライトA 292の機軸、ライオンズ4941の機軸は、双向きの自動的な弦の絶大な部分は、偏心な並べ替えを使って、その形は半円の皿に似ていて、品質の比較的重い金属を選んで、エッジが厚いので、大部分の品質はすべて陀辺の上で、地心の引力と人の腕の動きを利用して回転して、1組の歯車を駆動して巻きます糸をつけて弦を張る。

全自動機械の時計は電池がなくて、一部は手動で発条したものがあって、一部は持っていないで、しかしやはり手動で条を出すのが最も良いです。一般的に発条上いっぱいの場合は、30時間ほど連続で運行することができます。高齢者や常座事務室、運動不足者がこのような時計を着用していない場合は、時計を手動で定期的につけることをおすすめします。自動機械表は常温で、24時間の誤差は±45秒で正常な誤差である。自動機械表は腕の動きによって自動的に弦を張るので、毎日8時間以上配付しなければならない。