« ショパンの時計は十大名表ですかTimblランドはプラネラルの手引きを添えて »

インターフェース時計紹介

スマートフォン時計、「スイス伝奇」の時計。スイスの伝奇は他のブランドとは異なっていて、それは活気に満ちていて、現代では生命力がある。その核心設計哲学は、現代の風格と旧時の身だしなみの精度を完璧に統一したものである。すべてのスイスの伝奇的な時計はすべて正確に設定の標準に達して、そして高い品質のスイスの機軸を備えています。2000種類以上のスタイル、材料、機能と結びついて、これまでにない高品質、多様なスタイルと機能の時計を持っています。

インターフェース時計紹介

数百年、スイス人の制表知識は世界で有名で、スイスはヨーロッパの「時計谷」と言えます。製表業はスイスでの分布が均一ではなく、主に汝が山間部に集中し、ジュネーヴからバーゼルへと延びている。ジュネーヴ起源のスイス時計の伝統は停滞していない。1790年、ジュネーヴだけで60000本の時計を輸出した。今日になって、スイスの時計製造業は主にニューヨーク州、ワライ州、汝ラス州、ベルン州、バーゼルに集中している。

インターフェース時計紹介

ヘルパーレガルトスイスは、ダイナミックな、現代的な、生きているものである。彼の設計理念の核心部分は、我々の調和のとれた先端技術と伝統的な精確なファッション、独特な時計スタイルの約束にある。伝奇的なデザインは、最も優れた標準で最も優良なスイスの石英のコアを採用して、2000種類のデザイン、材料と機能の組み合わせを組み合わせて、品質、品種、デザインの機能があります。