« レディースの腕時計はどちらでつけますか?Swatッチスワキ時計の注意事項を使ってスワキ時計を使って何を注意すべきか »

自動機械の時計のメンテナンスはどのように保養しますか?

自動機械の機心は、手に発条された機械表に対して、自動機械の機心時計は自動的に発条した時計で、機心の底にある自動盤の左右を利用して発生する動力を利用して発条してエネルギーを生成するが、相対的な腕時計そのものの厚さは一般的な手の上にある時計の厚さになる。自動機械の時計のメンテナンスはどのように保養しますか?

振動を避ける

自動機械の機心の腕時計は適切な活動量を必要として、ようやく上に上がることができて、正常に運行することができます(使用者の活動量は比較的に時間が遅いかもしれません、これは正常な現象です。最初に使用するときは、ハンドルヘッドを20~30回回転させ、発条を初期の弦にするようにしてください。腕時計は震動を防いでいますが、外での衝撃力が強いときは、掛け軸の先端や車軸頸が折れやすくなります。

磁気を防ぐ

多くの腕時計は磁化しにくい非磁性材料を採用しているが、走行中は磁場の影響を受けても無視できない。テレビ、ラジオのクラクションの脇には、リュックやバッグの磁気ボタンが磁場の影響を受けている可能性があります。

防水

なるべく腕時計を持って泳いだり、洗濯をしたりしないようにしましょう。水に気をつけないように気をつけないと、時計を抜くことができません。防水時計を明記しても、1年の防水保障があることがあります。時計の防水圏は1年の損失を経て、汗、ほこりなどの様々な避けられない外在的要素を加えて、きっと疲れます。表を突き出しているので、できるだけ衝突を受けないようにしましょう。また、表とケースの隙間に注意して、小さくなったら操作に影響します。