« 派手ななしの上限の女性の時計の中の百万馬蹄銀の貝張芸興と腕時計のどんな商標CHAUMETDandy上品な紳のシリーズ »

腕時計の貴金属の印(人の印)の18K金の腕時計は必ず印があるなくてはなりませんか?

1、腕時計の貴金属の印

 

貴金属の意味の印を代表して、ただ殻の適当でない目を表していてつきあうだけを印刷して、それはつまり表した後に殻の爪閉じを表してあるいは、これらの印の多少非常が小さくて、しかし非常にはっきりしていて、貨幣を紀念するとように押し抜きの技術ので、うそを表して表してこれっぽっち上でまったく来ないのをまねて、せいぜいただぼんやりしているアウトラインをするだけことができます。

 

宋の時いくつか古書の善本、それぞれ収集者の赤色の印章に代わるに向って各をいっぱいに建てたのがあって、すべてつまり貴重でまばらな欠けるものの印の一定は多いです。

 

2、18K金の腕時計は必ず印があるなくてはなりませんか?

 

腕時計、特に高い金属の材料を使ってして殻のを表して、固定的な章印があるだて、これも同時に1つの規定です;貴金属の上でに小さい印を打つのも決まりで、Hallmarkと称させられて、ヨーロッパの古い習慣から源を発して、少なくとも西暦紀元の14世紀から、その意味は貴金属あるいは合金(金、銀、プラチナの金など)の物品が検証するを通じて(通って)十分な品質がありを実証すると表すので、今派生してあるになって公正な品質の検査と保証、貴金属のアクセサリー上でを含んで、しかし腕時計の上の印は比較的特殊です。