« 尚維沙JEANRICHARD腕時計のブランドは紹介しますカシオOCEANUS腕時計OCW―S2000シリーズ »

Nomos諾莫斯の腕時計のブランドの簡単な紹介

もと東ドイツNomos腕時計から、持って百年腕時計が歴史のSaxonyGlashラtteを製造するのに位置して、Glashラtteの時計の職人達の天然自然の物より勝る腕前が品質を造り出してきんでていて、設計の独特な手作業は機械が表して、Nomos1目の瞭のしかしの設計の意識はすぐ1本の腕時計の性能と可読性だと上で余すところないにの表れます。


Nomos諾莫斯の腕時計のブランドの簡単な紹介


  ドイツの有名な腕時計のブランド、中国語は:諾莫斯(ドイツ製)、Glashラtteの腕時計の伝奇の継続;今まで、そのチップは皆自主的に、研究開発、製造を設計します;世界の時計の業界で、多い腕時計のメーカーはすべて知っていて、その工事の設計は第3者から買うことができないのです;それも世界で少ない何人かが自己の知的財産権を持つで、自主的に設計を持ちと、研究開発して、チップの能力のメーカーの中の一つを製造します。


  Nomos総裁Roland Schwertnerは「設計が製品のうわべで決して停止しないと思って、持続的に私達とでNomos腕時計の人々の間の設計関係をつけるのです。」そのためSchwertnerは一人一人のNomos腕時計の持つ者がでも1枚の所有権を得て(書きに従ってそれが買って順番の時計に付いている)を証明するのを堅持して、このように最も親密な設計の目的はこの腕時計がメンテナンスが必要な時最も速く最も整っている処理を得ることができるのを確保するのにあります。SchwertnerはこのようなサービスがNomos腕時計の設計の概念の中でので統合するのだと思って、Schwertnerのが堅持するため、今日Nomosが制の腕時計臻Nomosを産してすでに完璧な境界、たとえとしても最も困難で苦しい環境中、依然としてようやくその志を改めないで、人に賛嘆させる腕時計を造り出すことができました。