« ティソ腕時計低コストマーケティング戦略それぞれの腕時計のおすすめをお勧めします »

ロレックス初代GMT-Master時計

ロレックス初代GMT-Master時計はロレックス初代GMT-Master腕時計、製造1954年。最も突出した特徴は、「ベンツ針」と、先端に大きな三角形の指示を持つ秒針のほか、特製の人工ゴムの制作表を採用しているのが特徴です。ロレックスは最初にこのような材質の目的を選択して、1は丈夫で長持ちして、更に反射のためにパイロットの視線に影響を与えることはできません。1956年から始めて、ロレックス部分の使用を金属製造ベゼル(例えば1675採用の黄金の材質第二時間表圏)、後からセラミック素材を採用。

ケース直径39 mm、厚さじゅうさんミリ、ケース番号355863、モデル6542製造は、1959年、デュアルタイムゾーン、中央秒針、自動巻き、防水、ステンレスの3点セットケースを経て、研磨や砂の研磨、ねじ込み式表背中や表冠、24時間表示第二のタイムゾーンのベゼル、人造ゴム制で、赤の2色をそれぞれ表して昼と夜、サファイア表鏡を持って期日ルーペ装置、ブラック文字盤、夜光材質ドット、棒式や三角形に標「ベンツ」針、ステンレスロレックスカキ式バンド、装表箱と担保付き証明書(現在は期限切れ)。