« Chopardショパンの世界情熱と恒久を両立させるオメガ »

美しい時間の刻印

と呼ばれて「ロシア文学の太陽」のプーシキン、诗体小説『ユージン・奥涅金』に書いたという話「喝街頭のプレイボーイ……正確なブレゲ時計まで彼に注意して、彼も正午したい。」そしてフランス文豪バルザックの小説『欧也妮・葛朗台』に書いた「次の字句を最も優雅な薄型のブレゲ時計。ああ!やっと11時!今日は早起きです。

自じゅうく世紀以来、描いたブレゲ時計の文学大師枚挙にいとまなし、ユーゴー、大仲马やスタンダール、梅里美など、彼らはブレゲ表と、「正確に”、“貴重」、「優雅」の象徴。文学家の作品が伝えられたにブレゲ表の敬意はまさにブレゲ創立以来が求めには時計を作って技術と芸術は完璧に現れた夢。まさに世界最大の時計メーカースウォッチグループの社長兼ブレゲ総裁海耶克さん(Nicolas G . Hayek)「ブレゲは技術や芸術が絶妙の縁組を持つブレゲ、あなたはまた持ったベートーベンとアインシュタイン、先進的な技術、アイデアや芸術:それが殘した富ブレゲ。」彼は率直に、感じブレゲ最良の方法は、知るの歴史。

1747年じゅういち月日、アブラハム・ルイス・ブレゲ(Abraham Louis Breguet)に生まれスイス纳沙泰尔(Neuchatel)敬虔なクリスチャン家庭。じゅういち歳の時に父を亡くし、彼の母の再婚に父のいとこ――ジョセフ・徳で(ジョセフ・チェンTattet)、ドイツでの家族全員タブ匠、パリ販売所。1762年徳を連れて来パリブレゲ言及した時から、彼と時計鳥の両翼の一生。1775年、ブレゲリースはパリIIe de la  citeのQuai de I」Horloge路39号屋敷から彼の創業生涯。