« 冒険家の精神を求める男美しい時間の刻印 »

Chopardショパンの世界

スイス汝拉穀は時計の製造業の揺りかご、じゅうはちとじゅうく世紀、そこから出てきた時計師一つ一つ著名ブランドの創始者。1860年、ルイス・尤利斯・ショパン地域の松维利耶(Sonviller)が創建された自分のタブ工場、以来、懐中時計と精密時計として有名なショパン表で世に名を知られる。ろくじゅう年の営みを経て、ショパンだけでなく、タブそして経営にきわめて良い評判を獲得した。1920年、ショパンから設計モザイク宝石の腕時計を维利耶工場から松移設に時計のビジネス製造コアジュネーヴ、これから生産宝石腕時計。

1963年、ルイス・尤利斯・ショパン創始ショパン約ひゃく年後、ショパンから来たドイツのカール・舍费尔(カールScheufele)を購入する。そして若い舍费尔維持完全独立ファミリー企業が形式上で、カール(カール)とカリン(Karin)夫婦二人の子供のカール・フレデリック(Karl-Friedrich)やカロ・グロ糸(Caroline)(つまり現職の共同主席)前後経営下、徐々に会社を近代化し、現在、ショパンもうの高級時計やジュエリー業界のトップブランドの列。

ショパン表傘下のブランドの多くは、最も経典のまずL.U.Cシリーズ。有名な人気と人気を除いて、百年のショパンの縁と、タイトル表としての特殊な地位を築いた。

そのまばゆい腕時計ブランドの中では、実際に自分が全行程で時計を作るのは少ない。そしてショパンの創始者ルイス・尤利斯・ショパン創業の時で、本来は完全に自制。カール・舍费尔引き継いだ後、このブランドを堅持しなければならないと信じている原始信念、自制機械表ムーブメント。彼は忆述:「私たちは当時確かに自制多くのモジュールではないけど、腕時計のコンポーネントです;私達の理念の中に欠けていてこのブロック。」