« オメガ43ミリユニットカレンダー腕時計日本と並行して低価格卓越-帝舵表を求めてドゥカティと共同で時計を作る »

通常の機械腕時計と自動腕時計の構造、タイプ

普通の機械式時計だけの時、分、秒の計測を基本機能の基本構成は、いち、原动係の構造は、赤い箱輪、条軸、バネなどのオリジナルから構成して、腕時計の仕事のエネルギーを補充して、組織全体の部分は、抵抗の消耗を推進する各歯車の回転維持摆轮激動。2、駆動系は中心ラウンド、ラウンド、秒輪、捕まえて縦輪などから構成されている。3。制御機構では摆轮陽炎の週期的に振動を逃げ機構を精確と規則的な運動を続け、取得速度調整作用。それは摆轮部品、発条部係、速度の針と活動のほか杭などの部品。捕まえた縦機構は、逮捕された縦輪、合成縦フォーク、ダブル円盤などの部品からなる。4。ご、上条ダイヤル針係:(いち)上条:を原动係のバネ巻きつくて(2)に動かして針を回す時、分針、校正:腕時計の時間に必要な指示;上条と動かして針は、ケースの外側の上条柄に仕上げた。

自動腕時計の構造とタイプ

自動腕時計は、通常の機械の腕時計に基づいて、一部の自動機関装置を増加させ、表表人が日常生活の中で腕を動かすことによって自動的にバネをしている。時計の文字盤に印刷されAUTOMATIC」と書かれ、自動表。自動機構では、錘(自動振り子陀)振り、自動上条輪列と原动係つながりで実現する自動上条特殊機能。約1920年イギリス表匠ジョンハワード発明をつくった現代自動時計の正体、それを自動時計業の発展の基盤になる。しかし彼は自動腕時計を作る第1人ではない。早く1770年であったスイス人、ルイメアリーバラ雷制に最初の自動懐中時計。手作りはごく少ないので、中古市場では見られません。それは現代の自動腕時計の前身と発祥地だからだ。これによってスイスの表づくりも有名だ。