« お見合いはどのように成功率が高くて、ロレックスをつけてお見合いをするのはどうですか?バセロンコンスタンチン美女機械表してどうする? »

私の手の表情を結ぶオフィチーネ・パネライ

先日見た叶延滨さんの随筆集『小さい、夢とりんご」、詩的な名前。その中には「腕時計」という文章がありますが、見てから感じたものです。いくつかのアイデアを、いくつかの過去の断片を、いつも知らぬ間に出る、波がきらきらと輝きの。

時計、この概念は、いつからはっきりしているのか忘れています。でも私の第一の腕時計の話については、やはりたぶん覚えています。私が二年生になったとき、一日の放課後、母は私が近くの売店で何かを買いに行きました。私は当時の目は今の助けを借りてあの2枚のガラスが「明察秋毫」、その東北言葉は「磨く磨く」。そして、私はずっと「いい」という習慣がありますが、歩く時はしっかりと地面を見つめています。「土地が豊かだから」ということで、地上にはいつも良いものが出てくる。その日のことは、ちょうどその点を証明したところである。

歩いて歩いていると,私は急に腕時計が1枚横になっている!私の日吶、棚からぼた餅とか、地上に落下される私、可愛そうな奴にぶつかった。ああ、天の神は私の夢を助けなければならないんだ――いつか、大きいのを拾う。

その時を忘れて、私はすぐに急速に走って家に帰って、やはり自分に心の中の狂喜を抑えて、表面にはさりげない顔をして、売店に行って任務を完成しました。要するに、私は家に帰ったら、お母さんの言う通りにとっては、鳴き声を投げ飛ばした屋根に叫んであり、その後日雨が降ると、家族の緊張兮兮の為、夜中に迎えに行って洗面器を持って、私を通して小さな穴滴のいたずら雨。その話はちょっと大げさだが,その時の喜びの程度は,本当にない。