« Grieb & Benzingerに発売した「靑の中」の腕時計時計の造形美学 »

腕時計の精確度の調節

時計が解体、組み立ててもポイントに注意して、あなたの愛の時計のあなたを信じることは難しいです。しかし、時計を組み立てて完成すると

すべてがOKの時、実は最も面倒な問題はやっと引き続くてきた。行ってはいけないと発見して、1項の1項の1つを開始しなければならない

項の検査が見て、どこに問題を排除し、その中にかかわった技術の問題だけではなくて、更に重要なの

は経験できないので、一つ一つ列挙叙述とピクチャーを視覚化しないので、ご興味のある方は自分に「心

領神」ですが、いくつかの影響を実行ボタンの問題と排除方法かもしれないし、あなたの多くの解除

疑惑。

時計の準正確さ、最良の方法は専門の試験機のテスト。

一般のテストは、上、下、さん時さんの方位に未のねじを巻くそれぞれ、上部分バネや上満バネの状

状態でしきゅう、く回のテストを取って、全てのデータの平均値を3試験判断(データの左上に「毎日誤差値」

国境を標準を+じゅう/ -じゅう、真ん中を「中心値」―誤差を+ご/ -ご;右側が「絵」を越えないで発振週波数

同して違う設定、例えば発振週波数28、800回/時間は約270以上振幅こそ標準です;下に右側の数

すなわち「発振週波数」によると、その殘りの数字と腕時計は無に関連して、ここでくどくど述べない)、画面上のテストは平線

時計のライン、動きや割斜線状は、時計に問題があり、さらにつまん問題を排除する。