« スイスの時計は日の構造は全解析する腕時計の精確度の調節 »

Corum(昆崙)はシンガポール開催金橋シリーズ腕時計さんじゅう週年

Corum(昆崙)と彼らの有名なパートナーは最近はそのGoldenブリッジ(金橋シリーズ)逸品の腕時計で行われさんじゅう週年のお祝いをし、シンガポールの有名な「ザLuxeアートミュージアム豪華アート博物館」を開催し、大勢の時計を収集家、仲人の体やセレブの参加を受け、熱烈な歓迎。


Corum(昆崙)はシンガポール開催金橋シリーズ腕時計さんじゅう週年


2010年はCorum(昆崙)の有名なGoldenブリッジ金橋シリーズの時計さんじゅう週年記念行事の年。Goldenブリッジ金橋シリーズはCorum(昆崙)の腕時計シリーズは、オリジナルのbaguette movement長方形ムーブメントの構造、騒ぎ表壇、これからCorum(昆崙)表微細機械は巧みで完璧な工芸の象徴。その夾板橋やマザーボードは18 k金製造、人手を刻んで代表Corum及びタブ工場の発祥地――Jura区蕨木の図案作飾紋。このシリーズの腕時計は伝説と、それは非凡な成果とユニークなデザインが世界に名を轟かす、その勢いはきっと世界時計のファッションを殘して特別な筆。2009年に発売したと発表しCorum(昆崙)その最新の完全会社内部の設計のムーブメント、この新しいムーブメントを使ったチタン素材で時計全体は著しく向上。Ti-Bridgeチタン橋腕時計の立ち上げ、暗示を書いCorum歴史の新しい一ページを示し、新時代の到来—Corum Bridges時代。