« 人の积家VULCAIN震撼遠放送、二大時計検定スイスの時計は日の構造は全解析する »

時の違いは本当に太陽時と平均太陽時

もし、本当に太陽時(中間レベルの黒い線)として計算の等式、平均太陽時(シュロ

太陽と太陽時の違いは上図の曲線を描いている。

本当に太陽時と平均太陽時の違い

地球の自転の人々は一日の夜、地球を回る太陽公転一週間は私たちが認知の一年、こんな

太陽を回るの軌跡は真円ではなく、類似の腎臓形の楕円に加え、地球は地軸を傾け側

式の自転りんどうのため、所要時間は規則の整数で、平均では、地球が太陽の週りに

必要な実時間を365.2422日。今、人類は時間の分離をより正確に、ルール化するために、

毎年365日、1日は24時間として、また分割して。でも前述のために

地球が太陽を回る以上真ん丸では、地球と太陽と相対の本当の時間は普通、時計が

使用標準平均時間。


地球は太陽の模擬軌道図をりんどう。

年に4つの日付の本当に太陽時と平均太陽時と全く同じだ

地球を回る軌道太陽の大体を類腎臓形の軌跡(上記の図実線部分)、今私たちが使って

の標準時間は、計画に真円(上記の図破線部分)は、この2つのパターンの間の違いが

いわゆる時間等差、すなわち、本当に太陽時(実際の太陽の時間、上図の腎臓形軌跡)と平均太陽時

(標準時間、上図の真円軌跡)の間の時間差、こんな等差もしに1つの縦横座標

中の曲線、その幅は図一。年に4つの日付の本当の太陽時と平均太陽時は

1年中、4月16日、6月14日、9月1日と12月25日(閏

年には日付がちょっと違うのは本当に太陽時と平均太陽時を重ねて、殘りの日、両者の間に

時の長い間の格差が少なく、じゅういち月さん日遅いから約じゅうろく分、2月にじゅうに日に約速いじゅうよん分不等、両者の

実際の違いは大きく略図2。