« 月収いち万元选何時計がいいですか?伝統腕時計技術に挑戦する若い手腕に挑戦 »

手紙についてプラスM-watch知能の腕時計、知りたいのもここにいて

近日、1項の名をM-watchの知能の腕時計は京東衆調達を引き起こす小の懸念が、聞くところによるとオンラインないいち週間、獲得した約2000人を超える支持、衆調達額ろくじゅう万。多くの支持者を抱えていて、この多くの黒科学技術の新世代の知能の腕時計はとても良くて、たくさんの傍観者はあちこち聞いこの制品の信頼性があり、多くの関心を持つ話題。今日小編幸運に取材した執卓科技の創始者であり、M-watchプロジェクト発起人白斌さん。


以下は取材実録、M-watchについて、あなたは知りたいのもここにいて。


いち.うれしいお忙しい中で私たちのインタビューを受けて、私たちを見たお京東衆調達のこの時計、成績は非常にいいですが、現在の成績は満足できるか?未来はどんな期待がありますか?


白斌:現在見M-watch市場の反応は悪くない、私たちは初歩的に説明したプロジェクトの開発に成功。M-watchのプロジェクトチームは会社調集の最も優秀なプロジェクトのエリートと技術バックボーンを、前後一年半にわたって、全体のチームは、M-watch艱苦の労働を払ったも、情熱、感情と知恵を込めた。今回の京東衆調達活動も、M-watchプロジェクトチームで企画と運用の消費者を得ることができて、高いレベルのコンサルティングサービスチームも、最初の手の資源市場を得ることができるように、後続の開発作業は急速に発展。私はプロジェクトチームの成績は満足するだけでなく、開発の成果、甚だしきに至っては市場運営は専門のマーケティングチームに負けない。衆議活動も始めて、チームが良いことを始めて、1つの尾をあけて、1つの尾を収めて、努力して、努力する。