« 男の時計は万国六大シリーズ昼から夜まで名士ケリー頓シリーズM0A10055月相腕時計から »

シンプルであり鎏金経典アテネ清月8296-122-2 / 41腕時計時計コメント

「太陽」と「月」は毎日交代が落ち、太陽光や温かい人々、月が夜光る、毎晩違う形で、新月からに玄月、満月は新月変幻異なる形を持って、人の無限な思いを、古代詩人の李白は詩「古朗月行」に描かれ「時間の読めない月呼作白玉盤。また疑瑶台鏡、飛ぶ靑雲端。「月の美が見える」「月の美。月相腕時計はこの心の間の機能を利用してダイヤル変化、演繹した月の米で、私達のよくある月相腕時計は大きな文字盤に月相小さい文字盤、今日みんなに届けたこのアテネ月相腕時計月相機能文字盤極小すぎて、一目で勘違いパワーリザーブ表示機能、それそんなシンプルな古典的なデザインを破った伝統月相腕時計の復雑な形。

今日からのこの腕時計を採用したバラの金の材質、よんじゅうミリの表を採用するケース径バラの金。月の変化の形からデザインを取得。模造「月の狂詩」表示限定時計月相の原理、加入欧克林博士のDNAは、正確に描いClassico Luna月回す時の真実。この腕時計バンドの面では採用の黒いワニ皮バンド、合わせて白い文字板デザインが浮き彫りに経典の風。