« 学校が始まって、学校に行くことができる時計三万円ぐらいはどんな腕時計を買うのが一番適当 »

ラングザクセンシリーズ経典月相腕表現商品は販売

2016年、ドイツ高級時計ブランドランゲは、その経典のSaxoniaシリーズ、作った目新しい革新は、薄型のほか、大暦と月相機能設置同じ盤面をSaxoniaムーンPhase腕時計が再び彩りを添え、印象的。いまどきになって、中秋の名月には装着月相腕時計最も合う時。私たちはこれを機会に、北京を訪れたSKPラング専門店。多くの精緻な雰囲気も高くの表の中で、我々は、このモデルを384.026のラングザクセンシリーズ月相腕時計、18プラチナを背景に、小三針板の中の月、大カレンダーさらに顕純粋で美しい。

1994年、ジローの復興の時、大暦が誕生した。その創作のインスピレーション源はじゅうく世紀ラングの創始者参加その岳父の設計のドレスデン森パオペラは五分デジタル時計。としてのブランドのシリーズの中で最も認識度の設計に十分の趣のそれを目撃した各世代ラング腕時計の輝かしい時。そしてを代表している機械時計風雅観賞の月相、更にラング時計には独特の機能の一つとして、この二つの機能を合計1皿を上下対称の方式が現れて、与えられたこのザクセン月相表新しい意味を、もう一度見る魅力のラング。