« 実写2017SIHHオーデマピゲロイヤルオーククリーム金の腕時計カルティエの時計は毎日の誤差5秒正常か?カルティエの時計は毎日の遅速数秒で正常? »

バーバリーBurberry時計修理、バーバリー時計を動かして針機構故障診断修理方法か?

バーバリー(Burberry)時計巻きダイヤル針機構故障診断修理方法か?

(いち)診断大鋼ホイールと小鋼輪、ラチェット、ラチェットバネの故障で、上条軸上絃がたまに巻き巻きたまにできない、あるいは巻きは返す絃、説明バーバリー(Burberry)表大鋼歯車の歯や小鋼歯車の歯摩耗深刻咬合隙間が広く、あるいは棘爪歯摩耗頂ないではいられない大鋼輪、ラチェットバネ弾力性を失って、別の1種の現象は大鋼輪ボルト、小鋼輪ボルト、ねじが緩むポウル。修理方法はバーバリー(Burberry)表どの部品問題がどの部品交換、交換できない方法を取って修復。どの部品ダメージを取って焼鈍後修復する、問題解決を焼入れ処理元通り。

(2)には一枚のバーバリー(Burberry)時計の修理まず検査上条ダイヤル針機関で、先に上条柄軸上絃表が行き来して、もし表行き来して、取っ手輪外ダイヤルローギア位、動かして針観察時、分、秒針お互いに無衝突現象は、衝突の現象を調整相互間の合理的なギャップ。無衝突現象を観察するともう秒針ティソ表のガラスの間の有無を摩擦、時計とバーバリー(Burberry)時計表面間の有無が摩擦摩擦現象、調整秒針とティソ表ガラス、時計と文字板の隙間、無摩擦を時、分、秒針を外して、また観察時針輪外径かどうかダイヤルセンタ穴の中心位置。以上に診断プログラムを押してから3対が発生している故障。

(さん)が診断離合ホイールと小鋼輪故障、上条柄軸巻きが鸣る音が、説明バーバリー(Burberry)時計離合歯車の歯と小鋼歯車磨耗や歯先咬合隙間が大きすぎて現象。修理方法:交換バーバリー(Burberry)表離合轮と小鋼輪あるいは摩耗歯車を焼きなまし処理、修復、摩耗歯車を焼鈍の歯車を焼入れ処理。研磨ペーストで焼入れ金属の色に変化する。