« 自動機械腕時計にチェーンの効率定量分析についてバセロンコンスタンチン時計知識:ジャンプ時表(ジャンプHour)紹介 »

カレンダーの時計の構造とタイプ

オメガ時計の知識:カレンダーの時計の構造とタイプ

いち、カレンダー時計の発生カレンダー時計や自動時計のように普通の機械式時計の基礎の上で、加えて付加カレンダー機構。その発展の歴史から見ても、懐中時計の発展過程。早くじゅうく世紀初期に、有名な専門家はスイス時計布雷格(Bieguet)、1802年に開発した「マリオン東内ッター」(Mavie Antoinette)懐中時計、指示カレンダー、週間、月、さらには閏年交換回転機構は、早期の典作暦表。カレンダー時計のロット生産はにじゅう世紀初頭のを経て、十数年の生産中学校とを改善させ、カレンダー時計の品種の構造はだんだん多くなって、ますます複雑で、ますます幅広い市民の喜).