« 腕時計を保証サービスの注意事項、腕時計の保証の注意事項カレンダーの時計の構造とタイプ »

自動機械腕時計にチェーンの効率定量分析について

自動機械腕時計にチェーンの効率定量分析を分析する

すべての装着かもしれない自動機械時計の人に会ったことがあり多かれ少なかれこの面憎いのばつが悪い場面は、腕時計でチェーン不足で知らない時の振り子が止まった。これは腕時計のチェーンは、効率、戴表人の装着習慣、腕時計を自動的に機関の特徴と運行規則など諸問題に人がいないので、ずっとから定量分析システムの角度にこの問題を討論するではなく、普段は注意を適ときの活動量を避けるため、自動機械式時計この泛泛之谈シャットダウン、などとは言わないされ、人々は自国自動機械式時計をシャットダウン問題に悩んで。これを解決するために悩ましい問題、私は2日間かけて利用ひとつ動力貯蔵表示機能を備えた腕時計を対照もう一枚無動力貯蔵表示機能の腕時計として自動機械式時計にチェーン効率定量分析テストを蓄積して、いくつかのデータ、言っていただければ、たぶん解決自動機械式時計をシャットダウン問題がちょっと助け。自動機械式時計は普通はすべてを手にチェーン機能(セイコーウオッチ(セイコーウオッチSeiko)ごなどが低級の自動機械式時計を手で鎖機能)が、パワーリザーブ42時間の自動機械式時計を例にして、初めて一般的に手にチェーン装着の前をさんじゅう左右すぐにいっぱいチェーン(セイコーごなどを備えない手にチェーン機能の比較的に上流の自動機械式時計揺れ300ぐらいもいっぱいチェーン、この可知揺れじゅうで相当を手にいちチェーン、他の腕時計もこれに基づき推し量る)、そして装着する。私たちを得られる経験式:さんじゅうをチェーン=300を揺れ=ご分間自動的に並べ陀連続運転=自動機械式時計42~48時間連続運転。