« HOYAは潜むシリーズの腕時計の価格を競って変化しますティソの米ティンのシリーズの酒の樽形の新作の腕時計 »

真偽OMEGA007腕時計は、OMEGA007鑑別を鑑別します

近いうちに取り扱う1匹のにせのOMEGASEAMASTER青い面の潜む水道のメーター、その本物そっくりな程度は感嘆させられて、普通は行を表して分かれることができない本当に偽りで、この前しばらく8仟元で検査することができる腕時計を呼び売りをして保証してすぐこの商品の種類(品質・品数)である人がいて、私は大胆に確かで、このうその表す決して小さくない仕事場をつくって、大型会社のしたことのはずで、次に私にかすかな部分から1つ1つ分析させます。


先に表面を言って、うそが顔立ちを表して字を印刷するきちんと整って比類がなくて、10倍の虫めがねの下で見てすべてほころびがなくて、しかし海水の波紋がするのがとても過ぎる目立って、かえって本当に表して一目で見たところ決してそのように突き出なくて、にせの顔立ちの青いのはとても派手で、色は出して翻って、本当に沈着を表すほうがいくて、1つの問題がまだあるのがうそが顔立ちを表すのだ時夜光の塗料を表示するのがよくなくて、陰はただ少しの微弱な明かりだで、本当に夜光を表すのがとても強くて、にせの表す3本のポインターはうまくして、本当に表しと等しくて、夜光はとても強くて、しかしポインターの夜光は時と夜光を表示して巨大なコントラストを形成して、ここから推測して、針と顔立ちをつくるのは工場と同時期に完成するのではなくて、分けて(もっと大きくおそらく2家の工場がそれぞれそれぞれする)本物のポインターの夜光を完成して時と夜光を表示するたいへん統一的に調和がとれていてで、これはまだ最大の疑問点ではなくて、最大の疑問点はポインターの表面のの“蚊の足”から来て、つまりうその表すポインターの上にとてもかすかな痕跡があって、蚊が上で残す足の跡を踏んだことがあるように、これがうその表すポインターを組み立てるのだ時、組み立て工はのピンセットでもたらして、組み立て工の技巧ととても大きい関係がもあって、本当に虫めがね下針の上でまったく存在しない痕跡で表します。