« 機械は表して時間を加減して、複雑な機械は使って早く注意事項に応じてボタンを動かしを表しますバセロン・コンスタンチンの芸術の大家のシリーズ“鳩"腕時計を飛んで詳細に説明します »

バセロン・コンスタンチンは技術を描いて詳細に説明することを植えます

「植えて描く」(Maki―e)は延びてくるに日本の伝統の漆器の技術をしを基礎にして技法を飾るので、日本が奈良で時代独特な漆の金の技術に発展してくるです。職人達は先に漆面で図案の紋様を描いて、それから漆がしていないうちにの時金属粉(通常が金、銀あるいは銅粉だ)を吹きかけてそれからまた行って言う漆を数えて、最後は細かく砕くを通じて(通って)また図案にきわめて華麗な金属光沢を出させます。技術を描いて西暦紀元794年に桓と武の天皇の遷都する無事な京(京都)が宮廷の直轄するペンキ屋の仕事場を設けた後に次第に民族の代表性がありになる技術まで(に)発展するのを植えて、京都もこの技術の要衝になります。


  ずっと堅持してまたがり越えます文化の垣根のバセロン・コンスタンチンとても長い前からあった植える描く導入する表を作成する技術の考え、ずっと2007年の秋季まで、1661年に創立して、いくつのために天皇を担当して玉座の京都を製造して描いていつも「象の彦」(Zを敷きを植えてことがありますか?hiko)主な動向バセロン・コンスタンチンが一致調和して協力を尋ねて、やっとこの技術の結合を恐らくならせて、芸術の大家LaSymbolique desLaquesが時計をかぶせるのも初めてスイスの表を作成する技術が東方の伝統と芸術の完璧な結合を飾るです。