« 夜光腕時計、腕時計の上の夜光の材料バセロン・コンスタンチンは技術を描いて詳細に説明することを植えます »

機械は表して時間を加減して、複雑な機械は使って早く注意事項に応じてボタンを動かしを表します

時間はあまり精密でなくて時間通りで、複雑な性能の機械式ウォッチが調整する時、いくつかの必ず従わなければならない方法があって、社長に応じて強調して、すべての複雑な性能の機械が表して売り出す時でも付け加える説明する操作があって、すぐチップを共有してモデルを表すの、同じく時計工場が改装する時のため、部品の配置の方法が、操作の時特に必ず注意しなければならない順序に異なりが現れて、そのため、見て操作を読む説明するのは第1重要な仕事です。もしも本当に恐らく面倒をかけて、特に正しい使いを注意して早く押しボタンを動かさなければならなくて、アクティブにして早く性能を動かす時、時計の針を正しい位置まで(に)必ず調整しなければならなくて、やっと性能の部品がすでに正しい位置に押さえて入りをもたらすことはでき(ありえ)なくて、脈打ったのに早くボタンを動かして回すように強制させられて部品の故障を起こす問題が発生するのを招きます。


早くボタンの使用中を動かす時操作の説明を見る以外、圧倒的多数の時計のモデルは要してできるだけ夜間の8時~午前4時の時間をよけるべきで、しかしも最も消費者のを悩ませるのが、時間がある調整する時間がほとんど全部夜ためです;この時、突発事態に対処する方法をとることができて、時計の針を5時(点)~7時(点)の位置に呼び戻して、時計のモデルにすでにこう着の次の歯車の動作がとき放しを準備させて、この時また早く調整を動かして問題が生じることはでき(ありえ)ないをの行って、しかしブランドの時計の歯車がいくらかあって昼ごろに実行して動作を変えるのを設定して、もし思ってその時昼ごろ問題ない直接調整する早く動かすボタン招く部品おかしい、だから、時計の針を置いて5時(点)に7時(点)間の位置まで(に)最も圧倒的部分の時計のモデルに適合します。