« 腕時計は歴史の復古の騒動を再現します簡潔な優雅ジャガー・ルクルトの大家のシリーズ »

男の時計のだけに属します!万国のポルトガルの7IW500107腕時計が簡単で評論します

万国の腕時計は現在最もあついシリーズはポルトガルのシリーズの中の7日の鎖とポルトガルの時間単位の計算のモデルに属して、彼らの間の最大の違いの中の一つひとつのに関して自分で作ったのを採用して彫るに比べてチップのロングの7日の動力にちょっと止まってチップを備蓄するので、ポルトガルの時間単位の計算のモデルは採用して改良を経た後のETAチップはしかも44時間の動力備蓄物しかなくて、彼らの間のもっと多い違いに関してみんなは私の前で書いたことがある1篇の文章《分かってまたIWCポルトガルの7のポルトガル計との違いを買う》。私達が今日みんなの持ってきたのがポルトガルの7日の鎖のクラシックだにIW500107腕時計を表すのは評定します。

万国IW500107チップが簡単で評論します:

ポルトガルの全シリーズはすべて万国の50000型のチップを採用したので、万国の50000型のチップの最大の特徴は時計の文字盤のとても大きい目盛りが人目を引くで、かつ7日続く動力備蓄物があります。このシリーズのチップは自動チップのいまだかつてないきんでている装置を配備して、とても有名なのが彫るに比べて鎖システムにちょっと止まりを含んで、ブレゲの空中に垂れる糸は車輪などを並べて、その精密で正確な性を確保します。