« 艾美の創意のシリーズの両コールバックの腕時計は紹介します男の時計のだけに属します!万国のポルトガルの7IW500107腕時計が簡単で評論します »

腕時計は歴史の復古の騒動を再現します

21世紀の流行の中で、復古風は一度も消えてなくなってなくて、服装或いは部品、毎年季ごとにの流行っている傾向、実は20世紀の工業を繰り返していた時代以降に、すべての波は全世界の流行っている記号に影響します。時計は20世紀から、すぐ技術と工業の結合のもとの製品で、ただそれは精密だ小型の工業の特質で、時期ごとにの風格を作って、その流行っている周期更にその他の製品に比べて長い間来て、そして1波の風格の基礎に下へなります。2012年のジュネーブの時計展の中で多くの復古設計が現れて、彷仏陀は20世紀は腕時計の歴史が大きくて集まるので、しかもすべてのブランドの小さい歴史から書いてなるのです。

 

20世紀初めから1910年代まで、自動車、地下鉄のなど交通機関の進歩、人々を変えてスピードと生活様式を移動して、腕時計の誕生と生活は密接な関係にあって、人々が書く軽便さ性を着て高まりに従って、以前盛大で厳かなスーツのポケットの中の懐中時計を掛ける資格があって、次第に簡便なために書く腕時計を着て取って代わりました。1904年にカルティエのデザイナーLouisCartierはブラジルのパイロットSantos―Dumontの委託を受けて、第1匹の腕時計SantosdeCartierを生産します。1919年にLouisCartierはその時のフランスのルノー生産する戦車の車のキャタピラーを霊感にして、第1匹の戦車の腕時計(Tank)を出して、両者は全て方型で殻を表して現代主義精神が現れるのです。