« アテネの限定版の万年暦の腕時計は紹介します腕時計は歴史の復古の騒動を再現します »

艾美の創意のシリーズの両コールバックの腕時計は紹介します

去年艾美は原本の手の上でをチップに精錬して制度を改めて、2モデルの新しいのに自動的に行ってチップML190とML191を精錬するように出して、創意のシリーズの2モデルが逆なために腕時計を跳んでまた新鋭軍を増やして、期日が逆で或いはその上期日両地時間の両が逆で跳びを跳ぶのがすべてブランドの元からある機能だがなのにも関わらず、しかし顔立ちは更に富む現代思いに見えて、同じくもっと大人物、特に小さい秒の皿は顔立ちの上半部分の逆なのと両地時間を跳んで、および、下半部分の期日が逆で式の重い重ねを現しを跳んで、顔立ちの見る視覚効果もっと大きくて、同時に目盛りとポインターも努めるのが非常に細くて簡潔で、すべて再度ブランドの時代とともに進む歩調をも証明します。それ以外に殻を表していて位置が2時と8時に逆に機能の速い調子を跳んでを押しに対応するもあって、操作するのももとても便利です。

 

全く新しいのは自動的に行ってチップを精錬します

原本の手の上からチップを精錬して、自動的に精錬する輪列と自動皿に行ってML191チップになりを設置したのを加えて、透明な底からかぶせて半円形の自動皿を見ることができて、独特な四角形と簡単な線のサイドオープンがあって、艾美の近代化する風格をも満たします。