« lafite腕時計の生まれつき横暴な等級を引き上げる腕時計の仕事が精密です2017バーゼルの新型亅モバードは全く新しい知能腕時計を発表します »

2017バーゼルの時計展:ロレックスは全く新しい時計算して予測を発表します

また新しい1年でした…また2ヶ月の時間まで(に)なくて、バーゼルは展を表してまた開幕して、その時また計算して、この中またどうして少ないのロレックス(全体の10割、最低の41800元)こちらのヘビー級の選手が現れた枚挙にいとまがない斬新な時がありますか?それでは今日、去年とと同じに私達を譲って、ちょっと娯楽の推測に2017バーゼルをロレックスを表しを展の上で持ってきてどんな面白い時計算するでしょう引き続き行きましょう!今年のロレックスに関してどんな点の新しい方法のこの問題を出して、長すぎる時間の調和がとれている討論を通じて(通って)、内心の期待値によって私達をさらに加えて、ロレックスの腕時計のディレクトリのはを比べて、およびその他のいくつかのフォーラムの中の得るとりまとめるデータの分析の後から、私達は以下の“可能だ”の結論を得ました。再度気づかせて、ただこれは予測して、政府の情報ではありません。


2016年を振りかえって、ロレックスは発表して何非常に斬新な時計算して、この中はバーゼルの星になる116500LNを含んで導いて通して精密な鋼の陶磁器の腕時計を持って、これは1枚がたくさん謎達を表してすべて長い間待ち望んだ時頭を上げて計算する譲るので、当然で、去年の予測の文章の中でその影に不足しませんでした。新しい日誌型の41腕時計がまだあって、それは全く新しいチップを搭載して、細かくて薄い表す殻を交換して、もちろんそれも予測の範囲の中があります。恐らくいくつかの方面で私達の予測したのは比較的正確ですが、しかしも依然としてたくさんすべての人にすべて予想もできなくならせるデザインが現れて、例えば“小さい整形”の過ぎた探検家のシリーズと盤面設計に似ていて個性的な新型の航空機内で迷惑行為をする乗客などに富を極めます。だから総じて言えば、ロレックスはある程度予測することができるので、しかし私達は同時にもっと多いのは必ず“斬新だ”のこの2つの字を考えてみるのにも行かなければならなくて、さすがにブランドは設計の道の上でもうなくてそのように守ったようです。