« 腕時計の汎用構造の名称、腕時計の内部の構造、腕時計の構造の基礎知識高級の時計の謎の常に言うRM、一体どの商標ですか? »

スイスの腕時計の知識:腕時計の精度は、時計の数値の小さい常識をテストします

スイスの腕時計の知識:腕時計の精度は、時計の数値の小さい常識をテストします
技術水準をテストします:1.等時性の誤差:24時間の日照時間の違いといっぱいな弦の日照時間の違い、位置最も差です.(記号がIだ)つまりぜんまいの緩さの程度の異なる幸運な誤差に従って.
2.サイトエラー:電位差をも言います.位置が異なってで、発生する誤差(記号P)
3.温度誤差:温度因子をも言って、(記号C)などの温度は36度と20度の時で、の瞬時の日照時間の違い(36―20)に差を割られて、所得の数値は温度因子で、つまり温度は変化する1度の腕時計の誤差だとが変化します.
4.指標(記号N)を総合するのはなります:N=I*0.15+P*0.1+Cの幸運な8の大きい指標:1.I,2.P,3.C4.N,
5.継続は幸運で、
6.落差(いっぱいな弦と24時間の後で振幅)
7.平らに立って(いっぱいな弦の平面と正面の振幅が悪い)8.が欠けます面は日に行ってアンチ・ショックを観察してテストします:0.1――1KGに負けて、は1Mが、2位置====落体、セメントが高いです.振幅の田舎くさい方法を測ります:1本のねじ回しを持ってそこまで置いて、腕に順番に当たってねじ回しの距離にもって行きを並べるのを見ます.