« 格拉蘇蒂はオリジナルなのはなんと1人の私生児がいます!その上また(まだ)ETAチップを使いましたか?!年末に最も力に腕時計の業界の10の大きいスターの代弁者誰を棚卸しします »

この何の歩をやり遂げて、あなたの腕時計が3年すべて古いことはでき(ありえ)ないです

新しく表すなくてはならない知識のぜんまいの魚に関してすでに紹介し終わって、それはもしもあなたはすでにかなり経った時計を買ったのがいて、それのどんなの場所に対してお手入と保養を行うべきで、またどうしてすることに行くべきで、あなたを見終わって分かりました。
 
殻を表して保養します
 
この何の歩をやり遂げて、あなたの腕時計が3年すべて古いことはでき(ありえ)ないです
 
ひとつの腕時計に保養するのは三大ただ殻、腕時計のバンド、チップだけ一部を表すです。先に時計の殻から言い出しましょう。殻の材質を表して基本的に18K金、金めっき、チタン合金、精密な鋼の4種類のタイプに分けることができます。技術は普通は針金をつくってと2種類売り払うので、たまに艶消しの磨き上げる技術がありをも見て、多少高級な時計はまた(まだ)上のラインストーンことが好きですへ、このような気高い表す殻はただ専門の時計センターを持って行って保養をします。普通なペアウォッチの殻の外観の保養は基本的にすべてそれに続いて針金をつくってと処理を売り払って、しかしただすべて針のペアウォッチの殻の上の小さいかききずは言って、もしもぶつかるのもたらすへこんでいる跡で、あの基本は修復することができないのです。


多くの人は毎回あとでの時計に保養してすべて面目を一新しを見て、いつもかききずを考えていて少し行って保養をします。のはで、しかしぜんまいの魚は指摘の皆さんの必要があって、毎回保養をして、あなたの表す殻の厚さは少しのほんの少しができて、その上これは不可逆的で、つまりあなたの表す殻は一回保養して一定程度の損耗を受けますと。いわゆる保養を売り払って簡単にと言うため、あなたを殻のかききずに表して磨いて取ってあげて、全体の平衡に達するため、周囲はつぶして落ちなければならないかききずのがありません。