« カルティエの2重の神秘陀はずみ車の3は腕時計にはっきりしているわかる3が時間を知らせるチップを聞きを聞きます知能腕時計の将来性がどうですか?未来知能腕時計の運命はどのようですか? »

自分の目で腕時計の光沢加工を見てみるのが最後まで保養するどのように作ったのですか?!

前のぜんまいの魚はすでにみんなにおおよその科学普及が自分を過ぎるのをふだんどのように正しく腕時計に保養するべきだあげて、しかし毎日やはり(それとも)多くの友達が不平をこぼしを見て、殻を表して自分を使って修復することができ(ありえ)ないで、また保養に金を使っていきたくありません。しかし専門の修理センターの料金徴収は実はすべてなるほどそのとおりなので、なぜかというと売り払う過程ははるかにそんなに簡単なあなたの考えたのがありません。
売り払うに関して、普通は3つの等級に分けます:太く投げて、精密に投げて、新しくします。
 
自分の目で腕時計の光沢加工を見てみるのが最後まで保養するどのように作ったのですか?!
 
太く投げて、簡単に腕時計はつやがありました。先生を補修して直接なペアウォッチの殻が売り払いができて、しかし表面のかききずを処理しません。最後の効果は出てきて、殻を表すのが鏡映面のようにつるつるしていて、かききずは跡をたたきとやはり(それとも)ただ見るだけことができました。このような光沢加工は比較的簡単で、価格も安くて、しかし腕時計のふだん本当の保養はとても良くない限り、あるいはあなたはかききずを気にかけないで、さもなくば私は行って選択に保養して太くて比較を投げる割りに合わないと感じます。
精密に投げて、腕時計の上の全部のかききずを処理するのが、および一部は跡をたたいて、比較的深いのが跡をたたくについて先生を補修してそれが簡単に磨き上げた後にをまた売り払います。このように処理する腕時計を通って、最終効果は手がなでて殻を表すので、如才がなく手を切らないと感じて、同時につやがありをの維持して、しかし非常にきめ細かい観察はやはり(それとも)あれらの比較的深いスクラッチが存在するのを見てとれることができます。