« 宇舶表には交代式の绒袖ベルトが思いを驰せた2017SIHHジュネーブ表展朗格時計赏析 »

時計夜光の原理は何なのか。方納海腕時計

 

時計夜光の原理は何なのか。方納海腕時計

认识度の超方納海腕時計夜光材料の使用で複数の特許を持つ携帯をluminor 1950 3 days acciaio
1949年方納海luminor夜光技術特許を申請し、この夜光からトリチウムその材料を利用して、しかしこれも放射性元素。夜光の材料としては、ラジウムより人体への被害が着用時計のときにはごく微量の放射危害を受ける。取下時計の時は、直接辐射した。それがどうして伝わってきた「夜寝なければ取って夜光時計」の根源だ。このトリチウム夜光の上から50年代から90年代まで使用。
時計夜光の原理を知ってる?
今少しピケットを持って、たとえばポールのトリチウム気管まで使った。トリチウム気管がガラス管のある層の薄い硫化锌内壁涂り、そして、館内充トリチウム人気がある。管の中のトリチウム息を持続する硫化锌発光、この夜光が20年近く続けた。そして、ガラスの館内充填のトリチウム息圧力が大きければ大きいほど、光る明るさが大きい。辐射のはもちろんこのような技術もあるが、「もっとも被害の话は耍流氓」。実際、材料を使用トリチウムとして元素の辐射の害は、とても小さななかった。その线に穴があき、にくいサファイア表鏡すらトリチウム気管が破裂して、外のトリチウム漏人体への被害も行き過ぎた。