« スーパーコピーパネライ時計、スポーツレジャーシート優先真愛と白黒が似合う――白い時計と黒のバンドがもっと »

経験の共有、帝驼どう巻き腕時計

 ドイツ人のハンス・ウェルズ多治夫世紀初期には有名なロレックス時計ブランド。1930年代、イギリスを中心に全ヨーロッパ製品の普及計画を実施し、価格が高いため一般庶民が持つことは難しい。ハンスはロレックス製品の普及版、製品の品質はロレックスと同様に優秀で、しかし価格は一般的な人士が受け入れる製品。そこで、チュードル腕時計(Tudor)が誕生した。


帝驼時計は高品質で集と低価格には、トップクラスのブランドの贅沢とは異なり、帝驼に属する親民ブランド腕時計。安価な時計あまりない愛顧!買った表から必ずしもわからない表、少なくチュードル時計を購入した後、知らないどのように巻き。1noob時計網を紹介し帝陀表どう巻きましょう!


手を自然下垂(手のひらで外へ、手の甲、上記腕と同時に前までて方向を腕と肩を平行に沿って、ゆっくりと元の軌跡から復帰するとグループでは、このアクションを繰り返すの時は少しゆっくり効果がよい、基本的にはかなりごとに2組手巻きは人々が多く、小編普段戴表の時間は長いですが、腕の自然の活動量が小さくて、ずっとキーボードを防止するために腕時計を外して、毎晩表の後で以上の方法をにじゅう組ぐらい巻きとして補充して、効果は本当に非常に理想、静置時間表にじゅう時間以上にわたるを盗んで止まった。http://www.ogumayayoi81.online/home.asp?cate=0


みんなこの方法をチェックしてみて帝驼時計巻き。